マカを比較・検証!
メインイメージ

マカの副作用にはどんなものがあるの?

不妊や滋養強壮に効果が期待されているマカのサプリメントですが、副作用が気になるという方もいらっしゃいますよね。
マカを飲むことによって出る副作用をご紹介します。

マカを飲むときには摂取量に注意をする必要があります。
マカの1日の摂取量の目安は、1500mg~4000mgくらいで、初めて飲む場合は1500mgからスタートすることをおすすめします。
このマカの摂取目安量を超えてしまうと、過剰摂取による副作用が出ることがあります。

女性がマカを過剰摂取すると、プロゲステロンの分泌量が抑えられてしまい便の水分が増えて下痢の症状が出ることがあります。

また、マカにはグルタミンというアミノ酸が含まれており、過剰な水分を体の外へ出す働きがあります。
マカを飲みすぎてしまうと、腎臓が働きすぎてしまい機能低下を起こす可能性があります。
肝臓や腎臓などに病気を抱えている方は、1日に40g以上の摂取で重篤な問題が起こるため飲むのを控えることが大切です。

マカを飲むことによって、男性ホルモンのアンドロゲンが増加します。
男性ホルモンの増加によって、皮脂の分泌も増え、ニキビがでる方もいらっしゃいます。
男性ホルモンのアンドロゲンは頭皮の皮脂分泌も増やすため、頭皮ケアをしっかりと行わなければ薄毛の原因を作ってしまうことになります。
地肌の皮脂をシャンプーで洗い流し、清潔な頭皮を保つことが大切です。

マカにはヨウ素が含まれているため、甲状腺の病気を持っている方は、薬の飲み合わせに問題がないかを医師に確認をしてからの摂取が望ましいです。

トップに戻る