マカを比較・検証!
メインイメージ

マカに含まれているアスパラギン酸ってどんなもの?

南米ペルーの過酷な生育条件で育ったマカは、強い生命力を持っていることで有名です。
そして多くのタンパク質やミネラルなどさまざまな成分を含んでいることで、私たちの身体に良い影響をもたらしてくれています。

マカに含まれるさまざまな成分の中で、アスパラギン酸という成分が含まれているのはご存知でしょうか。
アスパラギン酸は名前の通り、アスパラガスから発見された必須アミノ酸です。

効果としては、疲労回復、アンモニアの解毒、美肌効果が代表格として挙げられます。
アスパラギン酸は、疲労物質である乳酸を分解促進する作用があります。
これは、アスパラギン酸がクエン酸回路へミネラルを運搬することで、クエン酸回路の働きから乳酸をエネルギー源に変換しているからです。

また、正常に肝臓が機能していれば、アンモニアを解毒しているのですが、肝臓の機能が低下すると、アンモニアが血液の中で留まってしまい、疲労や体臭の原因となってしまいます。

アスパラギン酸はアンモニアを解毒して利尿を促す作用があります。
この利尿作用によって、むくみの改善にも効果があります。

他にも、細胞の新陳代謝を活発にする作用があり、美肌や美髪に効果を発揮します。

女性に嬉しい効果として、生理痛や生理不順、更年期障害の症状緩和が期待出来ます。
アスパラギン酸は体内で合成するのですが、加齢とともに合成出来なくなってしまいます。

マカを活用して、アスパラギン酸の効果を摂取しましょう。

トップに戻る