マカを比較・検証!
メインイメージ

マカと癌の関係性

マカは南米ペルー原産のアブラナ科の植物です。
男性の精力剤や女性では不妊や生理不順の改善にも役立つ事が確認されていますが、ほかにもマカに含まれる成分が病気予防にも役立つのです。
マカは必須アミノ酸、食物繊維、鉄、カルシウム、サポニン、ポリフェノールなど、豊富な栄養がバランスよく含まれています。

ポリフェノールは抗酸化作用が高い事から、老化予防にも役立ちますが、免疫力を高める作用もあります。
免疫力を高める事で様々な病気から身を守る事ができますが、がん予防効果には特に注目が集まっています。

マカに含まれるグルコシノレートという成分は、がん細胞を抑制するが働きがあります。
免疫力を高め、がん細胞を抑制する作用があるマカを継続摂取していれば、がん予防効果が期待できるというのも納得できます。

がんになる原因はほかにもいろいろありますが、体内に発生する活性酸素もその一つです。
ストレス、紫外線、タバコ、食品添加物など活性酸素が発生する原因は日常生活にも多く潜んでいます。
活性酸素は細胞を傷つけますが、傷ついた細胞ががん化する可能性があるため、免疫力はとても重要なのです。

マカはホルモンバランスを調整する作用もあるので、体のバランスを整える事ができます。
ホルモンバランスの乱れも免疫力低下の原因となりますから、マカを取り入れる事のメリットは多いのです。

ストレスは活性酸素を発生させ、ホルモンバランスにも影響を与えます。
ストレスを軽減する事も大切ですが、マカがそのサポートをしてくれるなら気持ちも少し楽になりそうです。

メーカーによる違いはありますが、上質なマカは価格が高めです。
ただし高いから良い物という保証はありませんので、どんな成分がどのくらい含まれているのかをしっかりと確認してください。

元は植物ですし、サプリメントとして摂取し続けても、副作用の心配はほとんどありません。
長く続ける事で少しずつ効果を発揮していくので、継続が重要です。
がん予防はマカサプリだけでは万全と言えませんので、生活習慣も見直して行きましょう。
これを機にマカで健康生活はじめてみませんか。

トップに戻る