マカを比較・検証!
メインイメージ

マカはパニック障害に影響がある?

パニック障害というのは、突然パニックになるため、患者自身も予想やコントロールが出来ません。
人によっては発作が起きる前兆のようなものを感じる事があるといいますが、ほとんどの場合突然発作が起こります。
激しい動悸、全身の震え、発汗、めまい、過呼吸など人により症状は様々です。

パニック発作を起こしている時は患者自身、このままでは死んでしまうのではないかという強い恐怖に駆られるといいますが、実際には死ぬ事はなく、1時間程度で発作は治まりその後は普通の生活ができます。
発作が出ていない時は体のどこにも異常は見られないため、心電図などの検査も異常なしと言われます。

原因はいろいろありますが、パニック障害には亜鉛が効果的と言われています。
男性と女性でも原因は異なりますが、女性の場合は閉経によるホルモンバランスの大きな変化が、パニック障害の要因になる事もあるといいます。

マカには必須アミノ酸が豊富に含まれますが、必須アミノ酸はホルモンバランスを整える働きがあります。
特に女性は女性ホルモンのエストロゲンが減少する事で、更年期障害となりやすく、その中にパニック障害が含まれる事もあります。

生理不順の人はホルモンバランスが乱れがちな傾向がありますが、生理不順という事だけでもストレスとなり精神面での不安が大きくなり、それがパニック障害の原因となる事もあります。

マカを摂取する事で、ホルモンバランスを整えられれば、更年期障害の症状を緩和させたり、パニック障害の原因となる不安やストレスも解消させたりする事ができます。
もちろん個人差があるので、すぐに改善されるとは限りません。

ホルモンバランスが崩れるのは比較的短期間でも可能ですが、一度バランスを失うと改善には多くの時間が必要です。
焦るのもストレスになるので良くありません。
マカサプリがパニック障害に効果が期待できるなら、それを続けているだけでも安心感が生まれます。
少しずつ作用していくものですから、自分のペースで向き合って行きましょう。

トップに戻る