マカを比較・検証!
メインイメージ

マカと前立腺の関係性

マカは男性にメリットが多い物としてよく知られていますが、実は根の色の違いで、赤、黒、黄の3種類に分類されています。
色により効能なども変わってきますが、中でも赤マカは男性の前立腺にいい作用があると言われています。
赤マカにはどのような効果が期待できるのかを紹介します。

根っこが赤みを帯びている事から、赤マカと呼ばれます。
赤は前立腺を保護する作用が高いと言われます。
前立腺肥大は中高年の男性に多い病気ですが、40歳以降はリスクも高まるため予防は大切です。
早い段階から赤を取り入れる事で、前立腺肥大の予防にもつながります。

根の色が濃いほど有効成分を多く含んでいると言われていて、黒に比べると精力剤としての効果は若干劣りますが、前立腺を保護する作用は赤にしかありません。
前立腺のトラブルは前立腺肥大以外にも、命にかかわる前立腺がんなどもあります。
いずれにしろ男性特有の病気ですから、予防の意味で取り入れるメリットは多いのです。

もうひとつ赤マカには、骨を丈夫にする働きもあります。
男性の前立腺とは直接関係ありませんが、女性は40歳以降から骨粗鬆症のリスクが高まるので、赤マカを取り入れるメリットは大きくなります。
もちろん男性も骨が弱いよりも丈夫な方が安心ですし、年齢とともに骨も衰えて行きますから、骨の老化予防にも役立てましょう。

色に違いが出るのは、栽培する環境の違いも関係しています。
色が濃いほど有効成分が多く含まれる事から、日本では黒マカや赤マカを多く輸入しています。
マカサプリを選ぶ時は、色も違いなどもチェックしてみましょう。

黒や赤など色が書かれていないと、あまり効果がないマカを使用しているのではないかと不安になります。
しかし日本に輸入されるマカのほとんどは、黒か赤となり、黄色はあまり製品化される事は少ないようです。
価格が安すぎる物は黄マカの可能性もありますが、有効成分の含有量などで比較してみましょう。
また、知っておきたいマカのデメリットについても参考にご覧ください。

トップに戻る